ソフトバンク

中古携帯や白ロム携帯の中でも、かなり人気が高いソフトバンク。ソフトバンクの中古携帯や白ロム携帯を購入する際には、どのような点に注意したらよいのでしょうか?

ソフトバンクでの機種変更を行う場合には、自分自身でUSIMカードと呼ばれるSIMカードを交換するだけで使用可能になる携帯電話もあれば、ソフトバンクショップに足を運んで機種変更の手続きをしなければいけない電話などもあります。

例えば世界中のどの国でも使用可能な3G携帯電話では、国ごとにSIMカードを差し替えて利用する事も可能。海外出張が多いサラリーマンなどからは絶賛されている携帯電話として人気があります。

この3Gタイプの携帯電話から、別の3Gタイプの携帯電話へ機種変更する場合には、自分でSIMカードを差し替えるだけでOKです。

その他の場合、例えば3GからiPhone 3Gへ機種変更をする場合、またその逆でiPhone 3Gから3Gへ機種変更をする場合、または2Gから3Gへ機種変更を行う場合には、ソフトバンクショップへ行って、機種変更の手続きをすることで、白ロム携帯が使えるようになります。この際にかかる事務手数料は1995円。

他の携帯キャリアに比べて事務手数料が安いのもソフトバンクならでは、かもしれませんね

ソフトバンクの白ロム携帯を購入する際には、その携帯電話のローンが払い終わっている事をできれば確認したいものです。ソフトバンクでは、まだローンの支払いが終わっていない携帯電話に関しては、通話時間が制限されるなどの措置を取っている場合もあるので、その点はシッカリとチェックしたい物です。

関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 白ロム・中古携帯の購入と買取り!中古ケータイ比較. All rights reserved