AU

それまでAUの携帯電話を利用していた方は、その携帯電話がAUICカードに対応していたかどうかに関わらず、AUショップで機種変更の手続きをすることで、白ロム携帯を自分の携帯電話として利用できるようになります。

事務手数料として2100円が発生してしまいますが、これまでの携帯電話がIVカードに対応していなかった場合などには、2100円という手数料を支払っても、安く白ロム携帯を購入してICカード対応機種に変更する人が増えているのだとか。

AU携帯には、多くのビッグメーカーが携帯電話を製造しています。例えば東芝、ソニー、日立、京セラ、シャープ、サンヨーなど、多くのメーカーがAU携帯を製造していますが、その中でもサイバーショット携帯などは、中古携帯になるとかなり格安で購入できるようですし、色の選択も充実している事が多いようです。

また、フルチェンケータイやウォークマンPhoneなど、AUならではのいろいろな充実した機能を持つ白ロム携帯が1万円以下で購入できるのですから、かなりお得ですよね。

AUの白ロム携帯を購入するなら、ネットオークションでももちろん良いですし、白ロム携帯を販売している業者から購入するのも賢い方法です。業者から購入する場合には、ショップ保証が充実しているので、万が一にも携帯電話が機能しない場合には、すぐに修理をしてくれるのも魅力的です。

白ロム携帯として販売されているAU携帯の多くが、まだまだキャリア保証が残っている新品携帯の場合も多いので、新品同様の白ロム携帯を購入するなら、AUがおススメかもしれませんね。

関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 白ロム・中古携帯の購入と買取り!中古ケータイ比較. All rights reserved