白ロム・中古携帯比較・TOPへ > ウィルコムとイーモバイル
ウィルコムとイーモバイル

ウィルコムの携帯電話を中古携帯として購入したら、機種によって機種変更の方法が異なります。例えば、W-SIM対応機種から別のW-SIMへ機種変更する場合には、ショップに足を運ぶ必要がなく、自分自身でW-SIMカードを差し替えるだけで機種変更をすることができます。

それ以外の場合には、ウィルコムカウンターへ行って機種変更の手続きを行う事になりますが、事務手数料として2100円がかかるので、念頭に入れておきましょう。

ウィルコムの中古携帯では、基本的に白ロムにならず、灰ロムとして販売される事が多いようです。

これはウィルコムのシステム自体がそのように設定されているためで、ドコモ携帯やソフトバンク携帯などでは白ロムになるものの、ウィルコムでは初期設定をしても電話番号は残ったままの状態になってしまうそうです。

しかし、機種変更などの手続きをする際には特に問題にならないので、安心ですね。

ウィルコムの携帯電話は、流通量が少ないだけあって、中古携帯を探す際にも、結構大変かもしれません。なかなか見つからないのです。ウィルコムの機種交換をしたい方は、ネットショップやネットオークションなどを根気良く探すことが大切と言えるでしょう。

イーモバイルの場合には、すでにイーモバイルと携帯契約が済んでいて、EMCHIPとよばれるSIMカードを持っている方なら、白ロム携帯と購入して機種変更ができるようです。白ロム携帯をショップに持ち込んで新規契約という事はできないので、注意しましょう。

関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 白ロム・中古携帯の購入と買取り!中古ケータイ比較. All rights reserved