白ロム・中古携帯比較・TOPへ > SIMカードについて
SIMカードについて

携帯電話の中に良く見かけるSIMカードとは、どのようなカードなのでしょうか?

SIMカードとは、携帯電話に関するいろいろな情報を記憶しているカードの事で、現在使用されている携帯電話の多くが、バッテリーを空けると中にSIMカードが搭載されています。

このSIMカードの中には、携帯電話の番号などの情報がインプットされているので、携帯電話の機種変更を行う際には、このSIMカードを古い機種から抜いて新しい機種に差し込むことで、番号を持ちこす事が可能になります。

また、同じ携帯電話でも、SIMカードを複数入れ替えて使用することで、一つの携帯電話で複数の番号を使い分ける事も可能になります。

SIMカードは、言ってみるなら携帯電話の心臓部分ともいえ、携帯電話に関するプライバシーな情報などが全てSIMカードに収納されているにもかかわらず、SIMカード単体ではセキュリティの機能は持っていません。

多くの携帯電話の場合には、SIMカードは携帯業者からの「貸与」という扱いになっているため、携帯電話の解約時にはSIMカードも返却しなければいけません。ただし、プリペイドの場合には、一定期間内にリチャージしない場合には自動的に携帯電話の機能が全てなくなってしまうため、SIMカードの返却は不要なようです。

SIMカードは、携帯電話の買い替えなどで、古い携帯電話を白ロム携帯として売却し、新しい携帯電話にそれまでのSIMカードを差し込むと、同じ電話番号を継続できるだけでなく、電話帳機能などもそのまま問題なく移行することができるので、とても便利です。

関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 白ロム・中古携帯の購入と買取り!中古ケータイ比較. All rights reserved