白ロム・中古携帯比較・TOPへ > 開通テストの必要性
開通テストの必要性

白ロム携帯とは、携帯電話の電話番号などの情報がインプットされているSIMカードが入っていない状態の携帯電話のことを指しています。

白ロム携帯を販売している業者の多くは、それまで問題なく使われてきた携帯電話からSIMカードを抜き取って情報を真っ白にした状態で販売している場合が多いのですが、中古電話を購入するときに気になるのがやはり、その作動性ではないでしょうか。せっかく購入しても、作動しなければ意味がありませんものね。

そのため、白ロム携帯を販売している業者の多くは、ソフトバンクショップやドコモショップなどの携帯電話業者において、開通テストを行っています。開通テストを行う事で、その携帯電話に問題なく使うことができるという「保証」をつける事も可能になります。

開通テストは、中古携帯にのみ行われるテストではなく、携帯電話を新規購入する場合にも必ず行われるテストです。ドコモショップやソフトバンクショップで携帯電話を購入した方は、目の前で「開通テスト」を行って作動を確認した経験がある方も多いのではないでしょうか。

日本の携帯電話はかなり性能が良いので、開通テストを行っても問題がある携帯電話はほとんどないのが実情ですが、海外の携帯電話などにおいては、開通テストをしないで購入するのはかなりリスクを伴う場合もあります。

白ロム携帯の中には、モデルチェンジのために販売されなくなってしまったモデルの携帯電話などもあります。こういった白ロム携帯では、開通テストのみを行っていて、全くの未使用携帯の場合も多いのでお得感がありますね。

関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 白ロム・中古携帯の購入と買取り!中古ケータイ比較. All rights reserved